乳ガン

乳ガンのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

乳ガン

乳腺に出来るがんです。
子宮がんと並んで、女性のがんの代表的なものです。
治る率が高いと言われるのは、セルフチェックによる早期発見が
出来るからです。

乳がんになる女性は年々増加しています。
最近の傾向としては、1年間に約3万5千人の女性が乳ガンを
発症しており、1万人余りの女性が死亡しているようです。
日本における女性の乳ガン患者は30代後半から急激に増え
始め、40代後半でピークに達するという特徴があります。
しかし、食事の欧米化の影響もあるのか、70代から80代の
女性の高齢者の乳がん患者という昔では考えられなかった
事例も増えてきています。
現在の状況が続くようであれば、10年後には年間で5万人の
女性が乳ガンを発症する可能性があると予測されています。

乳がんは概ね以下の4種類に大別できます。

1.乳頭腺管ガン(乳ガン全体の約20%)・・・発見が難しい
2.充実腺管ガン(乳ガン全体の約20%)・・・硬いシコリ
3.硬ガン(乳ガン全体の約40%)・・・乳房の変形
4.特殊型

それから乳がんを発症する原因としては以下の要因が考えられ
ています。
1.早期の初潮
2.規則正しい月経周期
3.短い月経周期
4.55歳以上での閉経
5.出産未経験(含む未婚)
6.高齢での出産経験
7.社会的な階層が高い(高学歴)
8.肥満
9.乳ガンの家族歴

乳ガンの発生しやすい場所は、正面から向かってわきの下の
横の部分です。
そして乳ガンは、初期段階では自覚症状が意識されにくく、
乳ガンの進行につれてしこりなどの自覚症状が現れてきます。
しこり以外には皮膚の異常、乳頭の陥没、乳頭のびらん、
かゆみ、わきの下のリンパ節の腫大等が挙げられます。

乳ガンの早期発見については、女性ガン検診も多く行われて
いるので定期的に検診を受けるようにする事が大切です。
検査の費用については、マンモグラフィーと視触診を併用する
場合には、1万円〜2万円前後のところが多いようです。

乳ガンの初期治療は局所療法(手術・放射線療法)や薬物療法
(化学療法・ホルモン療法)があります。
乳ガンの進行度合いや大きさなどによっては手術前に放射線
療法や化学療法を行う場合もあります。
そして手術後は、状況に応じて放射線療法や薬物療法を行い
ます。
その後は、乳房再建やリハビリを行うなどして手術後のケア
及び再発・転移防止に努めます。

手術や治療にかかる費用は、乳ガンの進行状況により異なり
ます。
保険適応になる部分だけでも、3割負担で数十万円、保険
適応外の部分を含めるとそれ以上かかる場合が多いようです。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険の乳ガンのリンクについて

女性保険とガン保険の乳ガンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。