PET検査

PET検査のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

PET検査

PETとは、ポジトロン(P)・エミッション(E)・トモグラフィ(T)の事です。
これを省略して、PET「ペット」と呼ばれています。

ガン細胞は、正常細胞の数倍程もブドウ糖に強く反応する性質を持っています。
この性質を利用する事により、体内に擬似ブドウ糖を注射した際に高反応を起こし集まったガン細胞を画像化して診断する検査手法になります。
CTやMRIによる検査は、ガンの大きさ・形等を捉える検査手法です。
これに対してPET検査は、ガン細胞の「高まった代謝状態」を捉える検査という事になります。
具体的にガンの位置が特定出来ていなくても、ガン細胞自体の代謝状態を調べる方法である為、より多くのガンをより早く発見する事が出来るようになりました。
PET検査では、特定の場所を検査する手法ではないので、(これまでの検査方法では調べにくかった場所も含めて)体全体を検査する事が出来ます。
従って、女性特有のガンである乳ガンや子宮頸ガンについても早期発見出が可能となりました。
良性・悪性の区別も可能なので、必要のない手術を避けられ的確な治療方法を迅速に決める事が出来るようにもなりました。
しかし、保険の適用が出来ない、検査費用が高額といった理由で、一般的な検査方法としては広まっていません。
素晴らしい検査方法なので、一般検診等でも気軽に受診出来るようになって欲しいものです。

そうは言っても、PET検査で調べにくい場所や症状もある事に注意が必要です。
ブドウ糖代謝の反応による検査なので、正常な場合でも活発にブドウ糖代謝を行う臓器、排泄物の通り道にあたる腎臓・尿管・膀胱、 胃・肝臓・肺等のようにあまりブドウ糖を取り込まない性質や種類の臓器等の場合、正確な検査結果が出にくい場合もあります。
そのため、上記のような臓器については、PET検査だけではなく部位毎の検査を実施して、総合的な判断を行なう必要があると思います。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険のPET検査のリンクについて

女性保険とガン保険のPET検査のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。