子宮体ガン

子宮体ガンのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

子宮体ガン

子宮体ガンは、子宮内膜の細胞が異常増殖する病気を指します。
別名で子宮内膜ガンと呼ばれる事もあります。
毎月の生理によって子宮内膜が剥がれ落ちる為、通常は子宮体
ガンになる前に子宮内膜は子宮から排出されます。
規則正く生理がある女性の場合は、殆ど発症する事はありません。
生理不順の女性、又は更年期の女性が発症可能性が高い病気です。
子宮体ガンについての詳しい原因は不明です。
しかし、女性ホルモン(エストロゲン)の増加に関連する事が
判明しています。
エストロゲンは子宮内膜の増殖刺激する作用があるので、
子宮体ガンにも関連すると考えられています。
子宮体ガンは、60〜70歳の女性を発生率が最も高く、40歳以前
での発症は5%弱となっています。

子宮体ガン発症の可能性は、以下のような場合に高くなる傾向に
あります。
1.エストロゲンの分泌が増加している女性
2.肥満、高血圧
3.未経産、不妊
4.糖尿病

子宮体ガンの検診方法ですが、子宮頸ガンの場合と同様に内診
台に上がり、医師が子宮の奥まで小さなブラシ状の器具を挿入
して細胞を採取、その後に顕微鏡で調べます。
正確を期す為に、超音波検査を併用する場合もあるようです。
子宮体がん検診は、自治体等による無料検診に含まれない事が
多いようです。
しかし、30歳代後半以降の女性や生理不順がある人は、子宮頸
ガンの検診と併せて積極的に受診する方が良いでしょう。

子宮体ガンの初期症状として以下のような症状が挙げられます。
閉経前の場合、生理不順で生理時以外に少量の出血があります。
閉経後の場合、赤色・黒色どちらの出血でも子宮体ガンの可能
性があります。

40歳未満の女性なら、0期の段階で早期発見できたならば、高
容量黄体ホルモン療法によって60%が治療可能と言われています。
この時点で発見出来た場合、治療による子宮摘出手術は必要
ありません。
これ以降の進行段階で発見されたガンについては、まず抗がん
剤でガン自体を小さくしてから子宮摘出を含む手術治療をする
ネオアジュバンド化学療法が行われます。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険の子宮体ガンのリンクについて

女性保険とガン保険の子宮体ガンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。