子宮頸ガン

子宮頸ガンのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

子宮頸ガン

子宮頚ガンは、子宮の入り口にできる癌の事を指します。
女性のガンの中でも4番目に多い病気です。
子宮頚ガンは年齢的には40歳代に最も多く発症し、「出産
回数が多い」女性がなりやすいのも特徴です。
40歳を超える女性の内、約2〜3%が子宮頸ガンを発症して
いるとの調査もあります。
上記のように、子宮頸がんと診断されるのは40代の女性に
多いのですが、20代・30代の女性でも発症する場合があり
ます。

子宮頸ガンの症状ですが、初期の段階では無症状です。
進行するに従って異常なおりもの、不正出血、性交時出血、
下腹部痛などの症状が現れてきます。
無症状なので、自分では早期発見が難しい病気だと言えます。

癌が進行すると、子宮や回りの臓器を広く手術で摘出しなけ
ればならなくなります。
初期には無症状なので知らないうちに感染し、30代以降の
自治体検診を受けて初めて発症を知ったような場合、かなり
病状が進行し手遅れなどという事例もあるようです。

子宮頸ガンの検診方法ですが、子宮内診台に上がった後でまず
医師がただれなどの症状の有無を見て確認します。
それから綿棒で子宮の入り口部分の細胞をこすり取り、顕微
鏡で調べます。
自宅で細胞を採取して提出する自己採取法もありますが、素人
では正しく採取出来ない場合も多いので、なるべく婦人科で
専門医に検査してもらうよう方が良いでしょう。
なお子宮頸がん検診は、性交経験のある女性ならば10代、
20代であっても年齢に関わり無く必要です。

子宮頸がんの治療方法ですが、外科(手術)療法、放射線療法、
化学療法の3つの方法があります。

どの治療法を採用するかの判断は、以下のような条件によって
異なります。
1.病状の程度
2.ガンのタイプ
3.患者の年齢
4.全般的な健康状態
5.将来子供を持ちたいかどうか

早期子宮頸がんに対する治療は、診断も兼ねて円錐切除法を
行います。
円錐切除法というのは、子宮頚部を円錐状に切り取りがんの
検査と治療を兼ねる方法です。
円錐切除法には高周波メスやレーザーメスも用いられ、出血も
少ないので日帰りで実施する場合もあります。

手術の範囲としては、組織の表面のがん(子宮頸上皮内がん)に
対する限定的な手術から、頚部を超えて拡大している浸潤
がんに対する広汎性子宮摘出術(子宮及び周囲の骨盤リンパ
節の摘出)まで様々なものがあります。
患者が将来子供を持ちたいと望んでいる場合を除いて、子宮
摘出術は最も一般的な方法です。
しかし、それ以外の治療法を用る事により、子供を生む事が
可能なままで治療を行える場合もあります。
進行がんは隣接する骨盤リンパ節に拡大している場合が
多い為、更にに強力な治療が勧められます。
放射線療法(通常手術前または手術後に実施済)、化学療法、
広汎性子宮摘出術、またはこれら3つを組み合わせて治療効
果が高まるようにします。
いづれの場合でも、治療ともなると高額の費用が発生しますし
入院による収入減もあり得ますので、ガン治療を保障してくれ
る女性保険への加入も検討しておきたいもんです。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険の子宮頸ガンのリンクについて

女性保険とガン保険の子宮頸ガンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。