保険タイプの比較

保険タイプの比較のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

保険タイプの比較

女性保険は大き分類すると、下記のような2種類に大別され
ます。

1.定期タイプ(保険期間が5年・10年といった単位で制限)
2.終身タイプ(特に保障期間を定めず、一生涯を保障)

定期タイプについては、満期を迎えた後でも所定の年齢に達する
までの期間について、健康状態に関わらず更新できます。
終身タイプについては、契約時点における保険料がそのまま継続
して適用されます。

同一年齢、同一レベルの保障内で比較する場合、定期タイプの
方が安いように思われます。
保障期間内のみ考慮すれば定期タイプの方が保険料の総額と
しては安くなります。
しかし、定期タイプの場合は、5年10年が過ぎて保障期間が
終了すると契約更新を行う必要がありますし、保険料は年齢が
高くなるのに比例して高額になっていきます。
結局、何度も契約更新してその都度保険料が高額になっていく
のなら、最初から終身タイプの女性保険・ガン保険に加入
する方が総額としての保険料は安くなる場合が多いようです。

扶養家族がいる、40代までの働き盛りの期間は普通の医療
保険より手厚い保障が必要といった場合、定期タイプの女性
保険に必要な特約を追加するといって対応も考えられます。
通常タイプの健康保険においても、女性疾病特約を附加する事に
より、女性特有の疾病に対応する保険も存在します。

女性保険・女性ガン保険は、加入前に保証内容についてしっかり
検討する必要があります。

保険会社の各社が、毎年のように新しいタイプの保険を商品と
して提示して来ています。
新しいタイプの女性保険に更新する事により有利になる面もあり
ますので、一度契約したからといって同じ契約内容で放置する
のではなく、定期的に女性保険の補償内容と契約内容を見直し
する必要があると思います。

女性保険のタイプにより同じ保険料額で保障範囲が違ってくる
場合があります。
保険会社の営業や窓口に相談する前に、女性保険比較サイトを
利用して事前知識を仕入れておくのが賢い方法だと思います。

比較サイト等で女性保険の内容チェックする際に重要なのは、
自分にとってどんな保障内容が必要か。
保険料額はいくらまでが適正と考えているか。
余裕があれば、出来れば追加したいという条件は何か。
一定期間毎にボーナスの給付を行っているか。
健康上の不安に答える相談窓口があるか。

といった自分なりの条件付けをリストアップして、項目ごとの
優先順位をつけておく事です。

給付条件についても、入院給付金が入院何日目から支払い対象
になるか、1回の入院で支払われる給付金や入院日数の
上限はどうなっているか等も女性保険比較のポイントと
なるでしょう。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険の保険タイプの比較のリンクについて

女性保険とガン保険の保険タイプの比較のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。