早期発見と予防

早期発見と予防のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

早期発見と予防

前項でも述べましたが、ガンという病気は概ねの場合において、
早期発見・治療により回復する事が可能になって来ました。
自分自身にもガンが発症する可能性がある事を認識し、早期
発見・予防の知識を得る事も大切です。

食生活が欧米化(高カロリーの食事摂取)、女性の社会進出に
よるストレスの増加等の要因により成人病の発生率も毎年増加
する傾向にあるようです。
肥満・ストレス等による成人病の発症が、更なるガン発症の
引き金になる事も考えられるのです。

女性は男性のように過度の喫煙・飲酒という事は少ないのです
が、喫煙・飲酒については男性より影響を受けやすいものです。
しかし、男性と女性のガンの発症率について比較したところ、
女性の方が発症率低いという結果が出ています。
そのような結果が出ているから安心かといえば、そういう訳では
ありません。
前述したように、女性特有のガンである乳ガンや子宮頸ガンに
ついては、そのような傾向からだけでは図れない面があるから
なのです。
職場での集団検診の検査項目では、女性特有の乳ガンや子宮頸
ガン検診は行われない、又は追加料金が必要な事が多いのです。
ガンという病気は発症後も重症になるまで自覚症状があまり
出てきません。
体調不良と感じる事があっても、更年期障害・ホルモンのバランス
の乱れ、不定愁訴(イライラ、疲労感、頭痛、不眠など漠然とした
症状)といった診断を受けやすいので、ガンを発症している事の
発見が遅くなる傾向があります。
ガンを早期発見する為には、ガンに的を絞った定期健診を受診
する事が大切になって来るのです。
職場の定期検診でガン検診(特に子宮ガン等女性特有のガン)に
ついての検査項目があるならば、面倒だ恥ずかしい等と言わずに
積極的に受診する事をお勧めします。

特に家族や親戚にガンを発症した方がいらっしゃる場合、自分
自身にもガンの遺伝子が継承されている可能性があります。
親族にガンを発症した方の心当たりがある場合は、入念な検査を
行う必要があると思われます。
女性特有のガン(乳ガン・子宮頸ガン)には発見が難しい場合が
ありますが、そのような可能性がある際には複数の検査を併用
する(例えば触診とマンモグラフィ)と早期発見の効果があると
言われています。
そのような精密検査を実施しても、ガンの発見率は90%に留まる
と言われます。
年齢が若い方の場合は、触診やレントゲン撮影でも乳ガンは発見
しづらいとも言われます。
最近ではPET検査というガンを早期発見する効果が高い検査法も
導入されるようになって来ました。
どんな小さなガン細胞でも見逃さないと言われる効率の良い
検査法と言われています。
ガン細胞が小さすぎると発見出来ない場合もあるようですが、定期
健診を継続する事により早期発見出来るようになります。
しかし保険の適用が出来ない事や検査費用が高額な事により、
未だ一般的に利用されてはいないようです。

女性の場合、家族の世話や高齢の両親を介護する等を優先し、
自分の健康については後へ後へと送ってしまう傾向があり
ます。
それ故、ガンを始めとする早期発見が可能なはず病気の発見が
遅れてしまい、気付いた時には手遅れといった事例も多いよう
です。
母として妻として、自分が健康を害する事により家庭そのものが
成り立たなくなる事もあり得るのです。

万全の検査をしていても、病気に罹ってしまう事はあり得ます。
特にガンの場合は、他の病気よりも治療費用がかかる事により、
経済的にも圧迫されてしまいます。
早期発見に努めると共に、いざという時の為の女性保険について
調査・準備する事も大切ではないでしょうか。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険の早期発見と予防のリンクについて

女性保険とガン保険の早期発見と予防のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。