ガンの要因

ガンの要因のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ガンの要因

ガンを発症する主たる要因としては、下記のようなものが
あります。

1.初潮を迎えた年齢が早い。
2.比較的規則正しい月経周期である。
3.月経周期が短い。
4.55歳以上で閉経している。
5.高齢出産、又は出産経験が無い。
6.社会的な階層が高い(高学歴)
7.身体的に肥満傾向である。
8.親族にがんを発症した方が存在する。

5〜7については、現代社会だからこそ起こりうる要因であると
言えるでしょう。

ある調査機関によれば、女性のガン発症は下記のような順位だ
そうです。

1.乳がん
2.胃がん
3.大腸がん
4.子宮がん(子宮頚がん・子宮体がん)
5.肺ガン
6.肝臓がん
7.卵巣がん

最近の傾向としては乳がんの発症率が高く、子宮がん・
卵巣がんの発症率も急増しているようです。

子宮頚がんについては、比較的若い年齢層に増加傾向が見られる
ようです。
これは、性経験の低年齢化も影響しているのではないかと考え
られています。
子宮頚ガン発生の原因としてHPV(ヒトパピローマウィルス)
というウィルスがありますが、このウィルスについては性経験に
より誰にでも感染し得るのです。
HPVウィルスに感染しても概ね一過性で自然消滅するのです
が、HPV感染が継続して年月経経過後(概ね3年〜10年
程度?)に癌が発生する場合があるようです。
最近のガン検診では、HPVウィルスへの感染有無についても
判定可能になってきたようです。
なお、乳がんについても10代から発症する場合があり、
ガンは治療可能な病気である事を考慮しても、早期発見・治療の
為には若いからといって安心せずに、検診を受けるしかありま
せん。

スポンサードリンク

女性保険とガン保険のガンの要因のリンクについて

女性保険とガン保険のガンの要因のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。